りんご畑近況報告

2019年09月23日
ハイブリット草刈り機

 コンパクトな草刈り機です。

出来るだけ余分なパーツを抑えて価格は50万円以下です。

チョッと余裕のある人は、おもちゃ代わりにいいかもと声が聞こえました。

小回りの利く枝下や地面に設置してある太陽パネルの下用にと

考えられたそうです。



20190923-1.jpg 20190923-2.jpg 20190923-3.jpg
2019年09月20日
ハイブリット草刈り機

 昨日の午前中に果樹研究会で、草刈り機のメーカーを呼んで

ラジコン草刈り機の実演会をしました。

まず最初は、アテックスの草刈り機で、価格は300万越えです。

実力派凄いです。

基盤整備した大きな土手もスムーズに上って行きます、

傾斜角度45度以内であれば、草刈が出来るそうです。

この土手の角度は42度で高さ6メートル有る大きな土手も

スイスイと進んでいきました。

20190920-1.jpg 20190920-2.jpg 20190920-3.jpg
2019年09月07日
新品種『おぜの紅』

 新品種の『おぜの紅』です。

今朝、収穫しました。

20190907-1.jpg 20190907-2.jpg 20190907-3.jpg
2019年08月25日
サンつがるの葉摘み作業

 5月に千葉県の逆井中学生に、摘果のお手伝いをして頂いた場所の

つがるの葉摘み作業が今日終わりました。

このところ日中も30度を前後位で、夜は薄着で居ると寒い位の

陽気になって来ていますので、りんごにも着色が進んで来ました。

20190825-1.jpg 20190825-2.jpg 20190825-3.jpg

林檎の番人も活躍しております。

2019年08月22日
現在の色付き情報

 きのう現在、写真に未希ライフ・サンつがるの色付きの状態です。

未希ライフ林檎は、葉摘みが終わって色が少し入って様子です。

収穫までには、玉回し作業と言って

(陰光面を表側に出して光を当てて、赤く色を付くのを待ってから収穫が
 始まります)

林檎には、すべてがこの作業を一個づつ丁寧に手作業でやります。

下の写真は、今の未希ライフ林檎の状態です。

20190822-1.jpg

下の写真は、葉摘みをしたばかりのサンつがるの様子です。

青りんごの状態です。

暫くすると、だんだんと色つき始めてきます。

20190822-2.jpg

下の写真は、シナノリップと言う林檎です。

試験的に導入したのですが、味は爽やかですが8月の35度以上の高温で

色づきが問題で、頭を悩ませております(栽培するか・止めるか)

暑すぎると、日焼けを起こしてロス果が多く出てしまうから。

なり始めたばかりで、販売する量は無いのでお知らせまでです。

20190822-3.jpg