りんご畑近況報告

2018年08月31日
林檎の種

 昔 園主が新品種作ろうと

人工交配した林檎の種です。

もうかれこれ畑の隅で15年位経つかなぁ〜。

お腹がすいたので、一つだけ赤く色づいていたのが有り

早速試食、

美味い・いい味だねと自画自賛する園主。

何時かは世に出そうと自己満足

種が16粒も入っていたのに驚きました。

20180831-1.jpg 20180831-2.jpg
2018年08月21日
未希ライフ林檎

 写真は、収穫まじかの未希ライフリンゴの玉回し作業をした様子です。

日かけで合った青い所が表に出てきて、太陽の日の光を浴びて

数日のうちに赤く色づきます。

 その後に収穫できるサンつがるは、

只今!葉摘み作業の最中です。

ホームページから未希ライフ林檎・サンつがる林檎・

真っ赤なまごころ定期便各コースの注文が昨日から出来る様になりました。

20180821-1.jpg 20180821-2.jpg
2018年08月05日
収穫しました。

 夏あかりリンゴを今朝から11時までに収穫しました。

写真で見ると大きい様な気がしますが、

もともとのDNAが中〜小玉なので、小さいリンゴが多かったです。

小玉がもう少し大きくなってくれたら助かるのになぁ〜。

収穫して即!冷蔵庫で一旦冷やして、それから荷作りを始めます。

午後は親戚のおばちゃんのお見舞いに行って来ました。

20180805-1.jpg

小玉ですが、冷蔵庫で冷やしてまるかじりするには最適です。

猛暑の中、ここまで着色してくれて最高です。

日焼けも有りますが!

20180805-2.jpg 20180805-3.jpg
2018年08月01日
リンゴの生育状況

 ご無沙汰しております。

だいぶブログが疎かになりましてすみません。

夏あかりリンゴの生育状況をお知らせします。

異常な暑さにも耐え忍んだ信州のリンゴ達です。

7月29日の時の葉摘みをした時の様子です。

20180801-1.jpg

そして、きょう午後4時から玉回し作業をしました。

約45度〜180度位、時計と同じ方向に回します。

色のついてない青い所が表側に来ます。

この作業は、どの品種のリンゴにも一個一個丁寧に行います。

20180801-2.jpg

リンゴの見張り番です。

電線に良くカラスが止まるのですが、止まらなくなりました。

もうじき収穫します。

ご注文方法は、お気軽掲示板に掲載しますので

そちらをご覧ください。

20180801-3.jpg
2018年06月29日
果樹研究会穂波支会

 6月27日午後3時から果樹研究会穂波支会の

園地見回り仕上げ摘果の講習会を行いました。

またまた新しい会員が増えて、総勢30名を超える会員数になりました。

穂波地区だけではなく町全地域から穂波支会に集まる様になってきました。

北信改良普及員の担当者も変わり、普及員になって2年目の堀田様が初お見えでした。

山ノ内町が担当だそうです。

我が地域を担当になる事は将来有望かもしれない。

前の前の方は、果樹試験場の方に行かれましたし、前任者は県庁の方に行かれました

堀田氏も頑張ってください期待しております。

20180629-1.jpg

 本題に戻り、講習会は穂波支会の仲間でも有る古幡氏お願いしました。

高品質のリンゴを作るにはリンゴを成らせて良い所と悪い所が有り、

また、1個のリンゴには葉の枚数も50〜60枚必要です。


20180629-2.jpg

仕上げ摘果した所に、リンゴのプレートを付けて

秋には、こんな感じでリンゴが出来ますと古幡氏は言います。

20180629-3.jpg

続いて高橋技術員から、今年の生育状況や病害虫の発生等のお知らせがありました。

園地見回りの後は、JAの二階で改良普及員の堀田氏今の現況についての報告が有り、終わり次第お待ちかねの懇親会に夜は更けていきました。