よしちゃんブログ

2018年02月28日
コンクール受賞祝賀会

昨日は果樹研究会穂波支会の総会が有り、

兼ねてより全国果樹技術経営コンクールにおいて

穂波支会が『農林水産省生産局長賞』を受賞しました。

総会の後、会場を移して受賞祝賀会をアップルシティーで

北信農業改良普及センター・町・JA・県果樹研究会本部・中高果樹研究会

お客様を呼んで盛大に受賞祝賀会を行いました。 

20180228-1.jpg

受賞にあたり何時もお世話になっております、

北信農業改良普及センターの脇本技師から

受賞経過報告が有りました。

20180228-2.jpg

農林水産省生産局長賞
○ 長野県 下高井郡山ノ内町 (りんご・もも・ぶどう)
  長野県果樹研究会穂波支会(昭和54年設立)

 新技術の開発と吸収、会員相互の連帯と協調、果樹栽培の先達として
地域社会の発展への貢献を目的に県下の融資により設立された
研究会の支会であり、りんご34haを中心に果樹48haを栽培する
農家26戸により構成されている。

 毎月の例会のほか、技術研修会の開催、収穫前の園地巡回、
県果樹試験場の研究員などをまねいての学習会を通じ技術向上と情報交換を行っている。

 技術面では、とくに下垂枝・果台枝利用と誘引の多様を柱としたオリジナルの整枝・剪定技術が特徴的で、これらの開発・普及などを通じて品質・食味の
向上が図られており、直近5年の県リンゴコンクールにおいて異なる会員が
4度の農林水産大臣賞を受賞するなどしている。
経営めんでも、品質の高さを生かして個人贈答販売を中心に高単価販売を進め
、中山間地ながら高水準の農業所得を確保している。
 技術向上に意欲的な新規就農者を地区外からもお試し会員として積極的に受け入れているほか、収納前の就農希望者に対する実践的な研修指導も担当し
担い手の育成に大きく寄与している。

 消費者に対しては、町友好都市からの農作業体験の受け入れや、
首都圏果樹専門店でのカルチャースクールなどの機会を通じ、
地域のりんごを広く伝える活動を実施している。

20180228-3.jpg
コメント
お名前
E-MAIL
(非公開)
URL
タイトル
コメント
パスワード
コメントを公開する
投稿キー    [キー入力]
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはxv8hです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。