よしちゃんブログ

2018年12月24日
果樹研究会穂波支会

 チョッと前の事ですが、10月25日に果樹研究会穂波支会の定例会が有りまして、

フジの収穫に向けての園地周りを県の専門技術員の小林氏や改良普及員の堀田氏また、果樹研究会本部から湯本部長・メーカーからもお出で頂き勉強会が行われました。

今年は、3個の台風被害に見舞われましたが

地形や場所等で、被害に遭った所や軽傷の被害で済んだ畑も狭い地域ですが色々有りました。

まずは、夏の初めごろ仕上げ摘果の講習会をした所から

林檎の生育経過を確認しました。

また、メーカーが持って来た林檎の肌にあてると、林檎の糖度が分かる糖度計の説明が有り、欲しいけどお値段がチョッと高すぎました。

20181224-1.jpg 20181224-2.jpg

最後の園地は古幡先生の何時もの畑ですが、

上から下まで見事な林檎でした。

会員は、このリンが畑をお手本に努力と勉強をしておりまので

美味しい我が町の林檎に貢献をしております。

20181224-3.jpg
コメント
お名前
E-MAIL
(非公開)
URL
タイトル
コメント
パスワード
コメントを公開する
投稿キー    [キー入力]
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはrxlrです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。